パート薬剤師

ブランクがある薬剤師の転職について

トップページ ← ブランクがある薬剤師の転職について

ブランクの期間が長くなると、それだけ薬剤師の職場に戻るのが難しくなってしまいます。しかし、女性は結婚や出産など様々なことが理由で職場から離れやすい立場にあるともいえるでしょう。

ですが、ブランクを抱えながらも見事、職場復帰を果たした薬剤師はたくさんいます。

ここではブランクに悩んでいる薬剤師のために転職事情などについてご紹介しましょう。


ブランクを抱えた薬剤師の不安材料とは?

仕事についていけるのか・・・

代表的な不安ともいえるのが何といっても「仕事についていけるのか」ということではないでしょうか。

医療の現場は常に新しい機械や薬剤が登場しているわけなので、何年もブランクがあると自分が働いていた時の知識や経験だけではやっていけなくなっているのではないかという不安にも繋がります。


そもそも、ブランクというのはどれくらい薬剤師の職業から離れていることを言うのでしょうか。

企業によって考え方が違うものの、一般的にはブランクの期間が2年以内ならば大きなデメリットにはなりません。


というのも、薬剤師という仕事をする上で深く関わる医療制度は2年に一度改訂されるという特徴もっているからです。

この改正の中には薬価や調剤報酬の改定も含まれているため、2年以上ブランクがある方は新しく学び直さなければなりません。


といっても、薬剤師として働く上で必要な知識はすでに持っているわけなので、2年以上のブランクになったからといってそれほど心配する必要はないでしょう。

子育てと両立できるか不安・・・

職場を離れた理由が出産や子育てにある方の場合、職場に復帰した際に家庭と仕事を両立できるのか不安になりますよね。

できるだけ早く職場に復帰したいと思っているけれど、子どもに寂しい思いをさせるのではないかと悩んでいる方もいるはずです。


こういった方はまずは短時間のパートから始めてみましょう。仕事をしていない時に比べると子供と触れ合える時間は少なくなりますが、一緒に居られる時間に思いっきり交流するように心がければ子どもとも十分に触れ合えるはずです。

仕事と子育てのどちらも100%の力で頑張ろうとすると疲れてしまうことも多いので、仕事の時間を短めに設定してみたり家庭にいるときは少し力を抜くように心がけてみましょう。

<関連記事>
子育てをしながら薬剤師として働く


ブランクがあっても転職できるの?

薬剤師は多くの職場で人手が足りていないため、求人情報が多数出ています。そういった職場では新しく採用した薬剤師がすぐに辞めてしまわないように様々なサポートをしてくれる可能性が高いです。

長くブランクがあると不安になるのは当然の事ではありますが、しっかりとしたサポート体制を整えているところを選択すれば不安を抑えられるでしょう。


実際にブランクが長くあって自分でも本当に復帰できるのか悩んでいたという方も多いようですが、働き始めてみると特に問題なく慣れていく方が大半です。

苦労して取得した薬剤師資格なので、一度職場を離れたからといってそのまま活かせずにいるのはもったいないですよね。


ほとんど薬剤師経験がない人は?

退職する前までにどれくらいの経験を積んでいたのかによって復帰の難易度が変わってきます。何年も薬剤師として働いた上で退職したという方ならば多少のブランクがあったとしても就職先を見つけるのはそれほど難しくありません。

しかし、働き始めてから1年未満で職場を離れてそのまま長期にわたってのブランクがあるという場合は採用する側もほとんど新人の薬剤師を採用するような感覚で雇わなければならないでしょう。


新人薬剤師向けのサポートを整えている職場なら良いのですが、「ブランク歓迎」としているところの中にはある程度経験を積んだ上でのブランクを想定しているところもあるので、求人情報をよく比較して働きやすい職場を探すことが重要です。


ブランクありの薬剤師におすすめの働き方・求人先とは

ブランクがあると職場復帰後に学び直さなければならないこともたくさんあります。

しかし、一度薬剤師として働いた経験があり、仕事をする上で必要な技術と知識を身につけている方ならばそれほど心配する必要はありません。


ただ、初めから長時間働くといろいろと不安やストレスもあるはずなので、次のようなポイントに注目してみてくださいね。

短時間勤務がおすすめ

ブランクがある薬剤師の多くは「すぐに勘を取り戻すことができなかったらどうしよう…」という不安を抱えているようです。こういった問題があるのならば短時間勤務から始めて少しずつ勘を取り戻していくというのもおすすめの方法です。

ただ、できるだけ早く勘を取り戻したいということであれば教務時間は長めに設定してもらった方が良いので、このあたりは職場と相談しながら決めましょう。

パートから始めてみよう

ブランクに不満を抱えている薬剤師におすすめの働き方ともいえるのがパートやアルバイトです。薬剤師は専門的な知識を持った資格ということもあり、パートやアルバイトだったとしても時給が高く設定されています。


また、近年は薬剤師不足を解消するために積極的にパート・アルバイトの採用に力を入れているところも増えてきたので、募集情報が見つかりやすいというのも魅力です。

<関連記事>
パート薬剤師の勤務状況、ママでも働きやすい?


ドラッグストアは特に高い時給が期待できる職場として人気があります。経験などによっても時給は異なりますが、3,000円前の時給が設定されている職場もあるのです。

未経験者歓迎の職場も働きやすい

薬剤師の求人情報の中には「未経験者歓迎!」としているところもありますよね。このような職場はサポート体制がしっかりしている可能性が高いです。

新人薬剤師を育てる環境が整っている可能性が高いので、そういったところを選択すると安心して仕事を始められます。未経験者歓迎としている職場の多くはブランクありの薬剤師も歓迎しているケースが多いため、チェックしてみましょう。

本当に働きやすい職場なのかどうか判断する際にはインターネット上の口コミなどを確認するのもおすすめです。

まとめ

  • ブランクの期間が2年以内ならば大きなデメリットにはならない
  • 短時間のパートから始めるのがおすすめ
  • 働き始めてみると特に問題なくなじめる人がほとんど
  • 薬剤師はパート・アルバイトでも稼げる


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ