パート薬剤師

パートが管理薬剤師

パート薬剤師求人 ← パートが管理薬剤師

薬剤師の求人情報を収集した経験がある方であれば、管理薬剤師のパート求人を目にしたことがあるかと思います。

ここで「管理薬剤師がパート勤務でも大丈夫なの?という疑問を抱く方も少なくないのではないでしょうか?今回はその疑問にお答えしていきたいと思います。


管理薬剤師とは

日本では、医薬品の取扱い・販売・製造を行う薬局や店舗、製造業において、拠点ごとに責任者として1名薬剤師をおくよう薬事法で義務づけられています。この責任者となる薬剤師が「管理薬剤師」です。

管理薬剤師は、その拠点において医薬品や従業員を管理・監督する責務を持った存在です。一般企業の管理職をイメージすると、その立ち位置が分かりやすいかもしれませんね。

厚生労働省が公開している「管理薬剤師等の責務の内容について」という資料によると、管理薬剤師の業務は以下のようなものとされています。


従業員の監督

・管理薬剤師以外の薬剤師、薬剤師以外の従業員が、適切に業務をおこなっているかどうかを管理
・薬学の専門的な知識が必要な事例など、従業員等ができない場合への対応


医薬品等の管理

・店舗内の医薬品、その他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を適正に管理
・医薬品と他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を区別して貯蔵、陳列
・医薬品等が不良品とならないように、遮光、冷所等、適正な保管

これらに加え、患者さんへの情報提供や医薬品に関する最新情報の収集、衛生管理・設備管理なども大切な業務として数えられています。

これら責任の重い業務を一手に担う管理薬剤師は、当然その職場において強い権限を持っており、状況に応じて経営者へ申し出を行うことも可能です。


パートでも管理薬剤師になれる?

管理薬剤師は薬剤師の国家資格の他には、特定の資格を必要としない役職です。つまり、薬剤師として働く方すべてに、管理薬剤師となるチャンスがあるということになります。

とはいえ、実際の管理薬剤師の求人情報などをみてみると「薬剤師としての実務経験が3年以上ある方」など、ある程度勤務実績やキャリアで条件がつけられている場合がほとんどです。


薬剤師の資格があれば管理薬剤師になれる可能性はありますが、誰でも望むだけでなれる、というものではないということを心に留めておきましょう。

では、責任が重くある程度のキャリアが求められる管理薬剤師はパート勤務が可能なのでしょうか? 結論から言えばもちろん可能です。薬剤師専門の転職サイトなどでも、管理薬剤師のパート求人などは少ないながらも存在しており、このことからも可能なことは明らかです。


基本的に、管理薬剤師はその業務の性質から正社員に任せられるポジションとなっています。しかし、勤務していた管理薬剤師が急に辞めることとなり、急遽人員を補充しなければならなくなった、新規店舗を開店するにあたって即戦力となる管理薬剤師の代行を揃えたいなどの理由から、パート待遇の求人が出されることもあります。

ここで注意したいのが、管理薬剤師のパート求人の多くは、一般の薬剤師のパート求人とは内容が異なるケースがほとんどだということです。


パート勤務のメリットとして「勤務時間に融通が利くため、ライフスタイルや家庭の事情に合わせて働くことができる」というものがありますが、管理薬剤師の場合はパートであっても週5~6日勤務というケースが多く、週2~3日の勤務を希望する方は応募条件にまず合わないと考えて間違いありません。

「週5日以上フルタイムで働くことはできるが残業はできない」そういったタイプの方であれば、パートで管理薬剤師となることは可能だと考えられますが、週に2日以上の休みが必要な方や、1日6~8時間以上の勤務が難しい方の場合は、求人への応募自体が難しいといえるでしょう。


とはいえ、最近は薬剤師の活躍の場も広がり、働き方や雇用形態も多様化してきています。今までは確かに正社員と同等の拘束時間、労働条件を提示する管理薬剤師のパート求人案件が多く見られましたが、これからは1日4~5時間で勤務可能な求人も増えてくる可能性もあります。

また、管理薬剤師はすでにその職場で働く人員から優秀な人材を抜擢するケースも多いため、一般の薬剤師としてパート勤務している方が、その働きを認められて管理薬剤師となることなどもあります。


管理薬剤師として勤務することができれば、医薬品に関する専門知識のみならず、指導者や経営者としての視点を持つことができ、マネージメントなどのノウハウを修得することもできます。

薬剤師としてキャリアアップを考えている方、一般の薬剤師としてパート勤務の仕事内容に物足りなさを感じている方は、管理薬剤師を目指してみるのも良いかもしれません。


管理薬剤師としてパートで働く場合の注意点

管理薬剤師として働く以上は、正社員であろうとパート勤務であろうと、管理者としての責任の重大さは同じであるということを肝に銘じておかなければなりません。

パート勤務の管理薬剤師の方の体験談などを読んでみると

「ドラッグストアの求人に管理薬剤師とあり応募したけれど、パートができる範囲の業務しか任されないだろうと思っていた。しかし『ここまでパートがやらなければならないのか!』と思うほど仕事量が多く、正社員と同等の業務をこなさなければならないことに疑問を感じます」

といった意見が散見されます。


確かに、通常非常勤のパートが行うべき範囲を超えた業務を任されたり、重い責任を担わされることも多いかもしれません。しかしながら、管理薬剤師としての職務に雇用形態が関係しないということは事前に納得した上で、求人に応募すべきだという点も忘れてはならないでしょう。

管理薬剤師の求人へ応募する際は、管理職として責任のあるポストと給与・権限などを任されている以上は、常勤の正社員に近い責務が課されるのが当然だという点を、しっかり理解しておくことが大切です。


その上で、パートの管理薬剤師として活躍したいという場合には、条件面や業務内容などをしっかりと確認し、入職・入社した後に「こんなはずではなかった」と後悔しないよう備えておきましょう。

実際の業務内容や勤務条件などについては、直接求人元へ確認するのも良いですが、薬剤師専門の転職サイトや求人サイトで利用できるキャリアコンサルタントやアドバイザーに相談するのもオススメです。


これらのコンサルタント・アドバイザーは薬剤師業界の求人情報だけでなく、求人元の職場環境などに関する詳しい情報を持っている場合が多いので、上手に活用してみて下さい。


まとめ

  • 管理薬剤師とは、医薬品の取扱い・販売・製造を行う薬局や店舗、工場などに設置が義務づけられている責任者となる薬剤師を指す
  • 管理薬剤師になるのに特別な資格などは必要ないが、業務が多岐にわたり重い責任を負うため、誰にでもなれる役職ではない
  • 管理薬剤師はパートでの勤務も可能ではあるが、その管理職という性質上、正社員と同等かそれに準じた勤務形態となるケースがほとんど
  • パートの管理薬剤師の場合は、通常のパート勤務薬剤師が行う仕事以上のことが任される
  • 一度管理薬剤師となった以上は、パート・正社員といった雇用形態に関係なく、重い責任を負う必要がある
  • 管理薬剤師はパートでも勤めることが可能ではあるが、引き受ける以上は仕事の責任をしっかりと理解することが大切


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ