パート薬剤師

薬剤師の就職活動の現状

トップページ ← 薬剤師の就職活動の現状

将来薬剤師を目指しているという方にとってどのような就職先があるのかということは非常に気になりますよね。一口に薬剤師といっても選択する職場が違えば求められる役割も必要なスキルも違ってきます。

まだどこで働くのかについて決められていないという方も就職活動の現状を知り、就職先について検討してみましょう。


薬剤師の就職活動の現状とは

かなり前から騒がれている薬剤師不足の問題についてですが、現在もその状況が続いており、新卒薬剤師の就職率は非常に高いです。ここからもまだまだ薬剤師は売り手市場の状況が続くと言えるでしょう。

特に地方のドラッグストアや薬局、病院などではかなりの好条件で雇ってくれるところも増えています。


医学部が続々と新設され、学校の数が増えたことにより薬学生の数も増えました。そのため、今後は住所に薬剤師が余る時代になるのでは?と思われていたのですが、実はそのような状況になるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

その大きな理由ともいえるのが、かかりつけ薬局が増えているということ。


24時間薬剤師が対応できるように調整している薬局が増え、一つの薬局で採用する薬剤師の数も増えてきました。今後はますますかかりつけ薬局が増えていくので、薬剤師の需要も増えていくことでしょう。

それから、2012年には6年制卒薬学生の卒業があり、一時的に急激に薬剤師が不足していた状況も徐々に改善されていくと思われていたのですが、実は国家試験合格率は高くありません。


つまり、6年制卒薬学生が卒業した今も思っていたほど薬剤師の数が増えず、人手を集めるのに必死の病院や薬局もあるのです。

こういったこともあり、薬剤師の就職活動自体は難しいことだとはいえない現状にあります。

具体的にどのような就職活動を行っている?

就職活動する際には一般的に1~2社のインターンシップに参加している方が多いです。

インターンシップに全く参加していないという方も全体の半数近くはいるのですが、一社以上経験しているという方も半数近くいるので、職業観を養うためにも気になるところに参加してみましょう。


6年生になると何かと忙しい日々が続くのでインターンシップへの参加は難しいかもしれませんが、5年生のうちから参加し、就職先を見据えている方も多いです。

インターンシップは1日のみの参加も可能となっているので、参加しやすいものを探してみましょう。


ちなみに、インターンシップに参加した人のうち、4割以上の方がその企業から内定をもらえているようです。こちらはただのお試し体験という形ではなく、自分をアピールする場として役立てたいですね。

また、学内企業合同説明会に参加するのもおすすめの方法です。特に自分が検討している企業の説明会は必ず参加しておきましょう。


実際に企業へのエントリーを開始するのは6年生の2月~3月です。ただ、できるだけ早くから準備を始めておきたいということであれば5年生の10月~11月から積極的に動き始めておきましょう。


薬剤師の就職状況はどうなってる?

薬剤師の就職状況は非常に良好です。薬剤師の資格取得を夢見て日々頑張っているという方が就職した後に突然就職状況が悪くなるようなこともないでしょう。

ただ、調剤薬局業界へ就職を検討している方は少し注意しておきたいことがあります。というのも、処方せんの枚数はそれほど変わっていない中に大手チェーンのドラッグストアなどが業界に参入してきたのです。


これにより調剤薬局の中には他の大手チェーンのドラッグストアや調剤薬局に処方せんを取られてしまい、厳しい状況になっているところもあります。

就職をしたものの、すぐにつぶれてしまったということになると大変なので、このあたりの情報収集もしっかりと行っておきましょう。


薬剤師の就職活動をする際には薬剤師専門の求人サイトを利用すると非常に便利です。様々な職場の求人が用意されていますし、専任のコンサルタントの方もついてくれるので、自分にとってぴったりの職場を見つけることができるでしょう。

効率よく就職先探しをしたいという時にも薬剤師専門の求人サイトの利用がおすすめです。


薬剤師に人気の就職先はここ!

特に人気が高いのは、やりがいを感じられる職場です。就職先を選ぶ際に福利厚生よりも仕事内容を重視するという方が多く、やりがいの感じられる職場を見つけられれば高い目標を持って長く続けられるでしょう。

特に人気の高い就職先は製薬会社のMRなどです。


しかし、非常に競争率が高く、選考から漏れてしまう可能性はゼロではありません。薬剤師のうち、約2割ほどしか医薬品関係企業で働けていないので、狭き門ともいえます。また、病院で働いている人の数も全体の約2割ほどです。

病院や診療所の中でも私立大学病院付属病院・一般病院・一般診療所の薬局に就職する方が多く、国立大学法人付属病院・独立行政法人病院や公立大学法人付属病院・自治体病院・自治体診療所の薬局に就職する方は多くありません。


万が一、自分の希望していた職場に受からなかったというときも求人サイトを利用して理想的な職場探しを始めてみましょう。

採用人数も多く、薬剤師全体のうち3~5割の方が従事している勤務先は薬局です。薬局といっても待遇などはどこで働くかによって大きく変わってくるので、自分にとって納得のいく就職先を探しましょう。

薬剤師の満足度が高い職場とは?

給料や福利厚生よりもやりがいの面で満足度の高い職場を探している薬剤師におすすめなのが、直接患者さんの声を聞ける職場を選択するということです。

患者さんから「前回いただいたお薬がとても効きました」というように生の声を聞けると大きなやりがいにも繋がるでしょう。


調剤薬局やドラッグストアでは直接患者さんと触れ合えるので、やりがいを重視したいという方には調剤薬局もおすすめです。

また、チーム医療を体験したいということで病院やクリニックを選択するのも良いでしょう。チームの1人として薬剤師にしかできないような仕事を担当し、それが見事達成できると大きなや

まとめ

  • 新卒薬剤師の就職率は非常に高い
  • やりがいを感じられる職場は就職の人気が高い
  • 製薬会社のMRは中でも人気の就職先
  • 病院やクリニックでチーム医療を学ぶ人も多い


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ