パート薬剤師

薬剤師が行うドラッグストアでの仕事

トップページ ← 薬剤師が行うドラッグストアでの仕事

薬剤師が働いている代表的な仕事場ともいえるのがドラッグストアです。ただ、実際に働いたことがない方だと具体的にどのような仕事を担当することになるのかわからないかもしれません。

また、どのようなメリット・デメリットがあるのかということも気になりますよね。

そこで、これからドラッグストアでの勤務を検討している薬剤師の方のためにチェックしておきたい情報をご紹介します。


薬剤師が行うドラッグストアの仕事を教えて!

薬剤師がドラッグストアで働くことになった場合、幅広い業務を担当することになります。

ここでは調剤だけでなく、OTC販売業務も行う形になるのです。OTCというのはOver The Counterの略で、簡単に説明するとドラッグストアで取り扱っている一般用の医薬品のことをいいます。


ドラッグストアで購入できる医薬品は処方せんを必要としませんよね。そういった物の販売を行いたいと思っている方にもドラッグストアが向いているでしょう。

それから、ドラッグストアでは医薬品だけでなく、トイレットペーパーや化粧品、日常品など実に様々なものを取り扱っています。


つまり、ドラッグストアで働く場合には医薬品に関する知識だけでなく、様々なものの知識が必要になるということですね。

実際にドラッグストアに足を運んでみると自分が薬剤師として働き始めた際にどのような仕事を担当することになるのかというのも想像しやすいでしょう。


ドラッグストアで働くメリットは?

幅広い知識が持てる

医薬品だけでなく、様々な商品の知識が手に入るというのは大きなメリットです。また、薬を探している人は薬剤師の意見を参考にどれを購入するか決めることが多いため、お客さんの相談に乗れるというのも薬剤師の魅力だといえるでしょう。

自分がおすすめした商品を購入したお客さんが次回来店した際に「前回おすすめしてもらった薬がとても効きました」というように言ってくれればやりがいも感じられるはずです。

給与が高い

それから、給料が高いというのも非常に大きなメリットです。出産や子育てを経験した薬剤師の中には、パートやアルバイトという形で働ける職場を探している方もいるはず。

ドラッグストアはパートやアルバイトの求人情報が出やすく、時給も高めに設定されています。短時間でもしっかり稼げるので、とにかく高時給のところを探しているという方にもおすすめです。


具体的にどれくらいの時給がもらえるのかというのは職場によって違うのですが、ドラッグストアではパートでも1,800円以上、条件の良い職場だと2,500円ほどの時給がもらえるところもあります。

店舗が多く求人を見つけやすい

他には、店舗数が多いというのもメリットですね。店舗数が少ない場合、なかなか自分の希望しているエリアで働けないこともありますが、ドラッグストアはたくさんあるので自分の通える範囲内で職場を見つけやすいでしょう。

福利厚生や教育制度が充実している

多くのドラッグストアは大手企業が運営しています。そのため、福利厚生が充実しているところが多いというのも魅力です。

職場選びの基準は人によって違うものの、とにかく福利厚生を重視しているという方もいますよね。そういった方でも納得のいく働き方ができるはずです。


大手企業の多くは教育制度もしっかりしています。特に新人薬剤師の方やブランクから復帰した薬剤師の場合、教育制度がしっかりしているかどうかというのは後の働きやすさにも大きく影響してくるものです。

もちろん、すべてのドラッグストアで教育制度がしっかり整っていると限らないので、この点は注意しておきましょう。


ドラッグストアで働くデメリットは?

非常にたくさんの魅力があるドラッグストアではありますが、メリットだけではありません。

薬剤師としてのやりがいを感じにくい

まず、職場によって担当する業務内容は違うのですが、薬剤師でなくてもできるような仕事ばかりを任せられてしまい、やりがいが感じられないという方もいます。

特に日用品の販売をするレジばかり任せられると、「せっかく頑張って薬剤師の資格を取得したのに…」と思ってしまうかもしれません。


ドラッグストアで働いているうちにどんどん薬剤師としてのスキルが衰えてしまったと実感する方もいるようです。

それでもコンビニやスーパーのレジ打ちの仕事に比べるとかなりの高時給が期待できるので時給面では満足しているという方も多いのですが、仕事のやりがいを重視して職場探しをしたいという方には向いていない可能性もあります。

昇給があまり期待できない

それから、ドラッグストアでの仕事は初めから高収入が期待できるのですが、何年も勤続したとしてもなかなか給料アップに結びつきません。

頭打ちの状態にあるともいえるので、努力すればするほどそれが認められる職場で働きたいという方には不向きだといえるでしょう。

土日休みは難しい

また、ドラッグストアの多くは土日も通常営業をしています。そのため、病院やクリニックとは違って休日が安定しておらず、体調を崩してしまう方もいるようです。

求人情報を確認してみると、「週休2日制」と書かれている求人情報も多数あります。毎週2日も休めるなんて!と思う方もいるかもしれませんが、実はこの週休2日制というのは、毎週必ず2日間休みが取れるという意味ではないのです


というのも、1ヶ月の間に1度でも週2日の休みがあれば「週休2日制」と表現することが認められています。

下手をすると、週2日の休みがあるのは月に一度だけというケースも十分に考えられるのでこの点は注意しておきましょう。


一般的に病院やクリニックで薬剤師が行う仕事というのはそれほど力を必要とするものではありませんよね。

しかし、ドラッグストアでは非常にたくさんの商品を扱っているため、頻繁に棚卸しなどがあり、その際にはかなりの力仕事をしなければならないケースも珍しくありません。 体力や力に自信がないという方には向いていない可能性もあります。


ドラッグストアへの転職、注意点は?

ドラッグストアへの転職を検討しているのであれば、まずは病院やクリニックでの仕事内容とは根本的に中身が違うということを理解しておかなければなりません。

病院やクリニックで長期間薬剤師として働いてきた経験がある方でも、ドラッグストアでは一から学ばなければならないことがたくさんあるのです。


また、コミュニケーション能力がない方だとなかなか厳しい職場だといえるでしょう。薬を求めてきたお客さんがどのような薬を求めているのか正確に聞き出さなければなりませんし、お客さんには笑顔で接さなければなりません。

反対に言えば、人と話をするのが苦手な方がコミュニケーション能力を磨くために最適な職場を探しているということであればドラッグストアは非常に向いているといえるでしょう。


ドラッグストアとそれ以外の職場を比較した際に、どちらが自分に向いているのかということは実際に働き始めてみないとわかりません。ですが、就職するとなかなか気軽に辞めることはできませんよね。

ドラッグストアが自分に向いているのかどうか悩んでいるということであれば、求人サイトに登録した上でコンサルタントの方に相談してみましょう。


コンサルタントの方は一人一人に最適な仕事を見つけてくれるので、きっと納得のいく職場探しができるはずです。

そこでやはりドラッグストアの仕事は向いていないと言われた…という場合でも働きやすい職場探しをお手伝いしてくれるので、より自分の条件に近い職場が見つかるでしょう。

まとめ

  • OTC販売業務は合う人と合わない人がいる
  • ドラッグストアは給料が高い
  • ドラッグストアは店舗数が多く職場探しもしやすい
  • 仕事に薬剤師としてのやりがいが感じられない人もいる


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ