パート薬剤師

薬剤師が行う病院での仕事

トップページ ← 薬剤師が行う病院での仕事

薬剤師として病院で働きたいと思っている方の中には、具体的にどのような仕事を担当することになるのかわからず不安に思っている方もいるかもれしれません。

近年は病院から短時間のパート求人が出ることもあるので、今は働いていない潜在薬剤師の方が病院への就職を検討することも多いようです。


ですが、自分が病院に転職したとしても果たして本当にやっていけるのかという不安もありますよね。

そこで、病院の薬剤師として働きたいと思っている方のために仕事内容などについてご紹介します。


病院で働く薬剤師の仕事とは?

病院で働く場合も薬剤師の仕事は主に薬を取り扱うものです。

患者さんに服用してもらう薬の説明をするのも薬剤師の仕事で、きちんと決められた通りに薬を飲んでいるか管理する仕事も含まれます。


中には薬を飲むのが苦手で飲んだふりをして隠す患者さんもいるので、しっかりとアドバイスをして無理なく薬が続けられるようにしてあげましょう。

病院で薬剤師が取り扱っている薬の中には間違った使い方をすると体にとって良くない働きをすることがあります。患者さんが間違った方法で取り入れることがないようにしっかり管理するのも重要な仕事です。


患者さんから見ても薬剤師は薬に関するエキスパートということもあり、非常に頼りになる存在だといえるでしょう。

製剤業務

薬剤師が病院で行う代表的な仕事といえば調剤業務なのですが、他に製剤業務もあります。 これは病院内で調製して使う製剤のことで、市販されているものよりも更に高い効果を得るために使うのが一般的です。

また、患者さん一人一人に合った薬を作るためにも欠かせない作業だと言えます。

注射調剤

一般的な薬よりも効果の高い注射の調剤に関する業務もあります。このほかに注射薬を作るなどのかなり専門的な仕事もあるので、やりがいは非常に大きいといえるでしょう。

勉強も必要

病院には最新の薬がたくさん入ってきます。そのため、しっかり学ばなければなりません。 薬剤師の資格を取得したからといってその後全く勉強せずに済むわけではないので注意しておきたいですね。

最新の情報を収集し、副作用などに関して新たな発表が見つかった場合にはそれを医師に報告するなどの業務も薬剤師の仕事です。

治験に関する仕事

病院の薬剤師として働く場合、治験に関する仕事も取り扱うことになります。この場合は病院外の人とも触れ合う場面が多いので、製薬会社などいろいろな立場の人とうまく協力して仕事ができる人は病院での薬剤師が向いているでしょう。

一日の仕事の流れ

実際に病院で働き始めた際にどのような流れで仕事をしていくことになるのでしょうか。 始業前には夜中のうちに入院した患者さんに関することと夜間の間に患者さんに出された薬に関する情報をチェックする必要があります。


朝礼を行った後、一日の予定を確認して退院する患者さんに対する薬の説明などを行い、昼休憩をとります。午後は内服薬や注射薬の準備、IVHや抗がん剤といったものの調製などを行うのが一般的です。

カンファレンスや患者さんの元を訪れて話を聞いたり、一人一人に合わせた薬の量を計算するというのも大切な仕事になります。


病院によって担当するべき仕事は変わってきますが、パソコンを使ってバイタル値や検査値などを入力して大体一日の流れは終了です。

パートとして働く場合は自分がどの時間帯に入るのか、その時間帯に担当すべき業務内容はなんなのかよく確認しておきましょう。


調剤薬局から病院への転職は可能?

もちろん調剤薬局からの転職も可能ではありますが、調剤薬局ではあまり患者さんとコミュニケーションを取らなくても仕事は成立しますよね。

しかし、病院の場合は患者さんだけでなく、医師や看護師とも協力しながら仕事を行っていく形になります。


そのため、コミュニケーション能力が求められる職場だといえるでしょう。現時点でコミュニケーション能力に自信がないという方もいるかもしれませんが、そういった場合も仕事の中で徐々にコミニュケーションスキル能力を磨いていきましょう。

病院で働く場合、薬剤師はチーム医療の中の1人として仕事を行う形となります。


それから、病院での業務があまりにもきつすぎて他の職場に転職したという薬剤師も珍しくありません。それまでゆったりと仕事ができる職場に勤めている人からするとかなり激務に感じてしまうこともあるようです。

病院での仕事内容は忙しいということを理解し、自分でも続けられるか考えてみたいですね。


病院の求人選びのポイントは?

求人情報をチェックしてみるとそれなりに病院の求人情報がヒットします。しかし、そのほとんどは慢性期病院だと思っておいた方が良いでしょう。

急性期の場合はほとんどが新卒採用で埋まっているため、新たに募集が出ることはめったにありません。


病院でたくさんの患者さんに触れてスキルアップを図りたいと思っている方の場合、慢性期の病院では思うように学べないケースがあります。

急性期の病院に比べると楽というのが大きなメリットではありますが、つまらないと感じる薬剤師も多いようです。ただ、パートとして短時間働きたいということであれば慢性期のほうが向いています。

<関連記事>
薬剤師として患者と触れ合う重要性


まれに急性期の求人が出てくることもありますが、条件が悪かったり求められるスキルが高かったりする場合がほとんどだといえるでしょう。

急性期の病院を探すためには紹介会社のコンサルタントに相談するのが最もおすすめです。空きが出た場合に教えてもらえることもあるのでチェックしてみてくださいね。


なかなか急性期の求人が見つからない場合は慢性期病院に転職し、しばらくの間はスキルを磨くというのも一つの方法です。

ある程度妥協も必要

できるだけ自分の希望している条件にマッチした求人を探したいと思っている方が多いかと思いますが、調剤薬局から急性期の病院に転職したいと思っているのであれば、福利厚生などにはある程度妥協する必要も出てくるでしょう。

確かに病院での仕事は専門性を高めることができますが、調剤薬局やドラッグストアに比べると福利厚生や給与が良いとはいえないところがほとんどです。

<関連記事>
薬剤師が行うドラッグストアでの仕事


中には条件が良いところもありますが、そういったところは競争率が数十倍~数百倍になることもあるため、どうしても病院での勤務を経験している人が選ばれる可能性が高くなります。

求人情報を探すなら1~3月がおすすめ!

1~3月といった時期は欠員補充のための求人情報が多数出てくる時期でもあります。急性期の病院の求人を探したいと思っている方はこの時期をねらってみましょう。

今はまだ調剤薬局やドラッグストアで働いているけれど、将来的には病院で働きたい!と思っている方も1~3月に出てくる求人情報をチェックするのがおすすめです。


ただ、自分1人だけではなかなか欠員補充に関する求人情報はチェックしきれないので、転職コンサルタントに相談をして条件に合う求人が出たらすぐにでも連絡がもらえるように整えておきましょう。

薬剤師の扱いが良いところを探そう

病院によって薬剤師の扱いというのは全く違います。なかには薬剤師は看護師や医師よりも下だと思っている病院もあるため、そのような病院では良い待遇は期待できません。

口コミで薬剤師への対応などに関する情報が出ていないのかチェックしてみましょう。


面接を受けた際に職場の見学が受けられるところも多いのですが、その際に薬剤師への風当たりが強いと感じた場合はやめておいたほうが無難です。

医師に話しかけた際に露骨に嫌な顔をされたり、反応が冷たい場合は別の病院を探しましょう。

まとめ

  • 調剤業務、製剤業務がメインとなる
  • 治験で病院外の人とやりとりすることもある
  • 病院ではコミュニケーション能力が求められる
  • 急性期病院の求人情報が出ることは少ない
  • 1~3月に欠員補充のための求人情報が出やすい


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ