パート薬剤師

精神科で働く薬剤師は強い心を持て!

パート薬剤師求人 ← 精神科で働く薬剤師は強い心を持て!



薬剤師の働く職場は多岐にわたります。 代表的な職場としては調剤薬局、ドラッグストア、病院などが挙げられますが、病院の場合はそれぞれの科に所属する薬剤師も多く、科によって仕事内容もかなり変わってくるようです。

そんな薬剤師の職場として、最近注目されているのが『精神科』です。ここでは精神科での仕事や求められる能力などについて見ていきます。


精神科で働く薬剤師の仕事や役割は?



どんな科に所属していても、薬を扱う仕事に変わりないのでは?と思われるかもしれませんが、精神科における薬剤師の仕事は、ただ薬を調剤したり、説明したりといった業務のほかにもやらなければならない多くの仕事があります。

精神科に通院している患者の多くは、医師の診察やカウンセリングを受けて、服薬しながら治療を進めていきます。


その薬も、内科や耳鼻科、皮膚科などで処方される薬に比べると非常に特殊で、飲み方を間違えてしまったら命の危険があるものも少なくありません。

抗鬱剤や睡眠薬、精神安定剤といった類の薬の服用が必要な患者も多いですが、睡眠薬を正しく服用せずに溜め込んで、一度に服用して別の形で利用しようとする患者の話を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。


精神科の患者は一言で言うと心を患っているので、薬においても正しい形で服用しない可能性も考えられます。

薬の重要性をきちんと理解してもらい、決められた容量や回数をしっかり守ってもらうかという、正しい服用をしてもらえるよう指導するために、薬剤師の役割というのはとても重要なのです。


精神科で働く薬剤師に必要なスキル



そのほか精神科で働く薬剤師に必要なスキルには、どのようなものがあるでしょうか。

仕事内容はさまざまなものがありますが、薬の調剤や説明はもちろん、前述したとおり、よりよい精神状態で薬を正しく服用してもらうための指導は、大切な仕事のひとつになります。

この指導においては、医師や看護師とチームを組み、一人ひとりの患者の容体を見ながら方向性を定めていくため、チームワークのクオリティがとても重要です。 そのため、専門知識以外のスキルも必要になります。

コミュニケーション能力

その一つとして挙げられるのが『コミュニケーション能力』。 医師や看護師とコミュニケーションを取るためということもありますが、さまざまな精神的疾患を患っている患者とのコミュニケーションを図る上でも非常に重要です。

重症の患者になると意思疎通自体が難しいこともありますが、患者に合わせたやり取りで、薬を正しく服用してもらえるよう誘導することは、かなり高度なコミュニケーション能力を必要とします。


精神疾患者への治療は、医師やカウンセラーの診療、治療はもちろん、看護師とのやりとり、薬剤師とのコミュニケーションすべてが治療の一貫だといっても過言ではありません。

これまで薬を飲んでいて副作用を感じたことはないか、今の薬を飲んで効果を感じているかなど、いろいろなヒアリングも必要となりますので、患者と関わる時間は思いのほか多いです。「自分も患者の治療に携わっている」という意識をしっかり持てる人が、精神科での仕事に向いているといえます。

的確に薬を提供するスキル



薬剤師ならではの専門的スキルで必要なものとしては、『安全に使用できる薬を提供する』スキルがとても重要です。

これはどんな職場で働いていても同様ですが、精神科は特に心身に影響を及ぼす薬を処方することが多いので、より安全に使用できる薬を提供するスキルは重宝します。


似たような症状だからといって、すべての患者が同じ薬で効果を感じるとは限りません。 少し前からジェネリック医薬品などもたくさん出てきたので、それらも活用しながらより患者の体に合った薬を選んであげることは、精神科では特に重要なスキルであるといえるでしょう。

患者に合った薬を提供するために、医師や看護師をはじめ、患者のご家族からこれまで使用してきた薬の情報などをヒアリングすることも多いです。こうしたことからも、前述したコミュニケーション能力は、実に広い場面で重要だということがわかりますね。

強い精神力ル



精神科で薬剤師として働くにあたり、スキルの延長線上にあるのが『強い精神力』です。 心や精神があまり強くない方が、鬱などの疾患のある患者と長く一緒にいると、鬱状態が移ってしまうことがあります。

これは薬剤師も同様です。毎日何人もの精神疾患者と関わるため、自分の心が弱いと、自分の精神状態も悪くなってしまう可能性があり、そうなると患者の治療どころではなくなってしまいます。


自分の心が強いかどうかは自己判断が難しいかもしれませんが、自分としっかり向き合うことができる人、またトラブルや苦難に柔軟に対応できる人は、健康な精神状態でいられる場合が多いように思います。

また、これもいろいろなところで言われていますが、体を鍛えることは精神を鍛えることにつながりますので、肉体的に健康であるということは基本だと考えてよいでしょう。


マッサージや整体院で仕事をしている人は、一日何人もの体に触れるので、その人の『気』が移りやすいといいます。よい気を放つ人ならよいのですが、悪い気を受けてしまうことも多く、そうすると一気に疲れてしまうのだそうです。これは精神科で働く薬剤師にもいえることだと思います。

薬剤師は医師や看護師同様に、患者に健康になってもらうために指導をしていかなければなりませんので、自分が精神疾患を患うわけにはいきません。心が弱いわけではないが、強いとも思わないというのであれば、日頃から健康な精神でいられるような自己管理が重要となるでしょう。


精神科で働く薬剤師のやりがいは?



気になる収入についでですが、精神科での薬剤師の収入は、ほかの科と大きく差はないようです。「では大変な思いをして精神科で働く意味がないのでは」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、精神科での仕事はとてもやりがいがあり、多くの薬剤師が注目しています。

世界規模で見たときに、日本は精神疾患者が多いということは世界中で知られるところです。かのマザー・テレサも、「日本人は心を病んでいる人が多すぎる」とおっしゃったそうですので、よほど多いということなのでしょう。


症状の程度はさまざまで、軽い方もいれば、社会生活を営めないほど重症の方もいます。

しかし、時間がかかったとしてても適切な治療を受けて、患者に合った薬を正しく服用することでかなりの確率で症状は回復するといわれており、精神疾患者が元気になって仕事復帰ができれば、その分日本が活気づくということがいえるわけで、大きく考えれば自分の仕事が日本全体に貢献していることに繋がるのですから、これはやりがいを感じますよね。


また、精神疾患者が服用する薬は、ほかの科で用いる薬よりも特殊なものが多く、その専門知識を活かした仕事ができるという点でもやりがいを感じる方は多いようです。

ちなみに、薬剤師関係の資格のひとつに『精神科薬剤師』というものがあり、精神科で働きたいという薬剤師の方が多く受けているようですので、興味のある方はチャレンジしてみてもよいと思います。


精神科でのお仕事は、前述した通り多くの人が注目していますが、仕事探しにおいては転職サイトなどを活用している方が多いようです。

ただ、転職サイトの中でも『非公開求人』といって、転職サイトで登録した上で確認できる求人情報として取り扱われていることが多いので、興味のある方は薬剤師の転職を扱う転職サイトに登録してみましょう。


精神科での薬剤師の仕事は、多くのスキルや能力を必要としますが、その分やりがいも大きく、自分自身を伸ばしていくことができる仕事です。

薬剤師として新たな分野にチャレンジしてみたい、自分の薬剤師としてのスキルをより伸ばしたいという方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 精神科での仕事は服薬指導はじめ多岐に渡る
  • 精神科では、コミュニケーション能力が求められる
  • 特に欠かせないスキルは「強い精神力」である
  • 精神科への転職をお考えの方は転職サイトの利用が有効である
 薬剤師パートに強い求人サイトは?


このページの先頭へ