パート薬剤師

薬剤師は紹介予定派遣がおすすめ!

トップページ ← 薬剤師は紹介予定派遣がおすすめ!

自分に合っている病院をしっかり見極めたいという薬剤師の方におすすめなのが紹介予定派遣というものです。

派遣というとあまり良いイメージがないかもしれませんが、薬剤師の紹介予定派遣はメリットも大きいのでぜひチェックしてみてくださいね。

何よりも自分に向いている病院を探すのに役立ってくれるシステムです。


紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは一定の期間派遣として働き、取り決めていた期間が終了した後に派遣として働いている側と病院側の両方が継続して働きたい・働いて欲しいという話になった際に正社員として雇ってもらえるものです。

どれくらいの期間派遣として働けるかというのは職場によっても違いますが、一般的に長くても6ヶ月ほどとなっています。


薬剤師が紹介予定派遣で働くメリット・デメリット

メリット

実際に働いてからその職場が自分に向いているのか、継続して働いていけるのかということを判断できるので自分にとって最適な職場を探しやすいというのがメリットです。

それに、雇う側としてもその人の働きぶりを確認した上で採用するか否かを判断できるので、非常に魅力的なシステムだといえるでしょう。


これまでに何度か転職をしているものの自分にとって最適な職場にめぐり合えていないという方にとって紹介予定派遣はとても役立つはずです。

職場が自分に合わないと感じて辞めてしまった方の中には人間関係の問題に巻き込まれた人もいます。こういったことは求人情報に記載されていないため、実際に働き始めてみないとわかりませんよね。


紹介予定派遣ならば薬剤師が働く職場の雰囲気や人間関係もチェックできるので雰囲気の悪い職場は避けることもできます。

それから、自分ひとりで転職活動を行うとわからないことなどがあった際に誰にも助けてもらえず困ってしまうことがありますが、紹介予定派遣の場合は初めに派遣会社に登録をすることになり、困ったことなどがあった際には派遣会社のサポートを受けることができるのが魅力です。


デメリット

必ずしも採用してもらえるわけではないというのはデメリットです。いくら働きたいと希望したとしても病院側が望んでいるレベルに達していないと判断された際には派遣期間終了後に解約される形になってしまいます。

また、紹介予定派遣で企業が募集しているのは必ずしも正社員とは限りません。紹介予定派遣でパートの募集を行っているところもあるので、正社員として働きたいと思っている方は注意しておきましょう。


パートとして働ける職場を探しているということであればこれは特にデメリットにはなりませんね。


紹介予定派遣で働くには?

薬剤師の方が紹介予定派遣として働きたいと思っているのであれば、まずは派遣会社に登録する必要があります。気になる派遣会社を探して登録を済ませましょう。

続いて派遣会社と面談を行います。ここで自分の希望している病院の内容などについて詳しく聞かれるので細かく答えておきましょう。

<関連記事>
薬剤師が行う病院での仕事


その希望に該当する企業の紹介予定派遣があればその求人を紹介してもらうことができます。もちろん、紹介されたものに必ずしも応募しなければならないというわけではないので、興味のあるものがなければ見送りましょう。

条件に合った求人が見つかった場合は応募し、まずは派遣先の病院などと面談をする形になります。


ここで特に問題がなければ実際に派遣スタッフとして働き始め、契約期間終了後に双方の合意が得られればそのまま雇用されるのが一連の流れです。

面談では何を聞かれる?

派遣会社に初めて登録する方はどのような面談を行うのかわからなくて不安ですよね。ここでは希望する勤務地や通勤にかけられる時間、可能な残業時間、その他希望することなどについて聞かれます。

あれこれ細かい条件を設定しすぎてしまうと該当する職場がなくなってしまう可能性もあるので、妥協できるポイントについてはよく考えておきたいですね。

<関連記事>
パート薬剤師の場合、保険ってどうなるの?


また、どれくらいの期間派遣を希望するのかということも重要になります。最大で6ヶ月程度派遣社員として働ける職場が多いのですが、ベストなのは2ヶ月ほどです。

仮に1ヶ月を設定した場合、入社の2週間前には会社の方で準備を始めなければならないため、働き始めてからたった2週間で採用するか否かを判断しなければならないということになります。


このような短期間では職場に慣れていないこともあり十分な実力が発揮できないでしょう。結果的に有望な人材なのかどうかよくわからなかったということで採用を見送られてしまうケースも考えられます。

では3ヶ月以上の場合はどうなのかというと、期間が長すぎるといえるでしょう。採用する側としても大体2ヶ月くらいで採用するか否かを決めています。派遣として働く側としても2ヶ月程度働けばだいたい職場の雰囲気などもわかりますよね。


その企業に就職しようと思っているのであれば良いのですが、あまり長い期間を設定してしまうと就職を希望しなかった時に断りにくくなるので注意が必要です。

働いている際に注意したいのが、派遣期間中にその病院が本当に自分に合っているのかどうかをしっかり見きわめるということ。


例えば、継続して働いた場合に通勤時間は厳しくないか、無理のない範囲の残業時間が設定されているか、雰囲気は良いか、働きやすいかなどよく考えておきましょう。

紹介予定派遣というと一時的なアルバイトのような感覚になってしまうかもしれませんが、自分がその職場に就職したときのことを想像した上で毎日働くと自分に合っているかどうか判断しやすくなります。

派遣先の病院はどう選ぶ?

派遣されている期間は双方にとってお試し期間のようなものだと思って良いでしょう。そのため、気になる病院が見つかるまで繰り返し利用するのがおすすめです。

実際に複数の企業で派遣として働いてみるとそれぞれの職場のメリットやデメリットも見えてくるわけなので、自分にとって最適な職場を見つけやすくなります。


何度も転職に失敗している薬剤師の方は転職回数が増えて不安に思っているかもしれません。紹介予定派遣を利用すれば転職回数を抑えて最適な職場を見つけられるでしょう。

まとめ

  • 雇う側、雇われる側にとってもメリットがあるのが紹介予定派遣
  • 正社員として働きたいけれど様子見をしたいという人にもおすすめ
  • 実際に働いてから正社員として働きたいか考えられる
  • ベストなのは2ヶ月ほどで職場を見極めるのが理想



このページの先頭へ