パート薬剤師

薬剤師に必要な資格やスキル

パート薬剤師求人 ← 薬剤師に必要な資格



薬剤師は人体に投与される医薬品を専門的に扱うプロフェッショナルです。人の生死に関わる職種でもあるため、薬剤師は難関の国家試験をパスし、国家資格を取得したものだけが就くことができる職業となっています。

今回は薬剤師になるためのルートや、求められるスキルについてご紹介していきたいと思います。


薬剤師になるには

薬剤師になるには、薬剤師の国家資格を得る必要がありますが、この資格を得るためには国家試験に合格する必要があります。

また薬剤師国家試験には申込みに条件があり、誰でも好きな時に受験できるものではありません。一般的に、薬剤師の国家試験を受けるためには「薬剤師国家試験の受験資格を得られる、6年制の大学の薬学部に行かなければならない」と考えられていますが、実は現状、他のルートも存在します。

ここで、薬剤師になるためのルートについて整理をしてみたいと思います。


薬剤師国家試験の受験資格



薬剤師国家試験の受験資格には、以下のようなものがあります。

1.大学で6年制薬学課程を修め卒業した者、または卒業見込みの者
2.外国の薬学校も卒業している、または外国の薬剤師免許を取得しており、1と同等以上の学力・能力・技能を有すると認定された者

これを見ると「国内の大学を出る場合は、やはり大学の6年制の薬学部を卒業しなければならないのか」と思われると思います。確かに2006年の法改正を機に、薬剤師になるためには6年間の薬学課程を修めることが必須となりましたが、実は現時点で、4年制の薬学課程を実施している大学があります。

この4年制の薬学部を卒業しただけでは受験資格を得ることはできませんが、さらに専門の大学院で実務実習を含めた2年or4年の修士課程、博士課程を修了することで、資格を取得することが可能です。


なお、これは2017年度までの入学者に対する経過措置となります。4年制の薬学部を卒業しただけでは国家試験の受験資格を得られませんので注意が必要です。

薬剤師国家試験の受験資格を得るためのルートを整理すると、以下の通りとなります。

STEP1 高等学校を卒業する
STEP2 6年制薬学部もしくは4年制薬学部+大学院といった、6年間の薬学課程を修める
STEP3 薬剤師国家試験に合格する
STEP4 薬剤師登録を行う(厚生労働省管轄)
STEP5 薬剤師となる

一般的に、薬学部では化学、生物、医薬品の基本構造、薬物療法、病理整理、衛生化学など、薬剤師に必要な専門知識を学ぶこととなります。また、5年生といった高学年となると、半年間の実務実習を受講し、実習後に卒業研究を開始するという流れが一般的となっています。


薬剤師国家試験とは



薬剤師国家試験は年に一度全国各地で実施される試験です。

「物理・化学・生物」「薬理」「薬剤」「衛生」「法規・制度・倫理」「実務」「病態・薬物治療」の7領域に分かれ、幅広い薬学に関する分野から出題される難易度の高い国家試験となっています。

薬剤師国家試験の試験会場は、その性質上、全国各地の大都市に設置されます。47都道府県すべてで試験が実施される訳ではありませんので注意が必要です。なお、試験会場は一般的に「北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、徳島県、福岡県」に設置されることとなります。


合格率は平均すると60~80%とされており、直近の平成26年・第99回薬剤師国家試験の合格率は60.84%と発表されています。難関の国家試験としては合格率が高いと感じる方もいらっしゃると思いますが、これは大学側が国家試験の受験者を絞っているという背景があります。

多くの大学では、事前に大学で実施している試験に合格したものでなければ国家試験を受験できないというシステムを取っているため、難関の国家試験でも、ある程度の高い合格率となっているという味方が一般的です。


平成26年度 薬剤師国家試験の概要

平成26年度の薬剤師国家試験は、以下のような概要となっています。

試験日:平成27年2月28日(土曜日)、平成27年3月2日(日曜日)
試験会場:北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県
受験手続き:平成27年1月5日(月曜)から1月16日(金曜日)までの期間に、試験地を管轄する
地方厚生局又は地方厚生支局へ、受験に関する書類を提出することが必要 合格発表:平成27年3月27日(金曜日)


薬剤師に求められるスキル、資質について



人の命を預かる薬剤師には、求められる資質やスキルがあります。人命を守る責任感や倫理観は必須となっており、さらに患者さんやその家族の立場に立ちながら、プロの視点で薬物療法を適切かつ迅速に実施するだけの、実務的・実践的な能力も求められます。

ここで、薬剤師に求められる資質やスキルについて具体的に考えてみましょう。


薬剤師に必要な資質

1,患者さんとその家族を大切にする気持ちと視点

病院で必要とされる薬剤師に必要なのは、薬学のプロとして患者さんの治療に参加できる能力です。そのため、ともすると「薬剤・薬学の知識さえしっかりしていれば、薬剤師としてやって行くのに十分」と考えられがちです。

しかし、実際に病院や薬局、そして患者さん達から本当の意味で必要とされる薬剤師は、薬学や薬剤に関する専門知識以外の能力も兼ね備えています。


具体的には、患者さんへの服薬粗銅の際に食事管理や体調管理の相談にさりげなく行ったり、患者さんのご家族への心遣いを自然にできたり、薬剤の説明を行う際に、誰にでも理解できるような言葉や語句を使ったりといった、気遣いや心配りができる、そういった部分がこれからの薬剤師には求められるとされています。

事実、薬学部が4年制から6年制へとなった背景には、こういった患者さんやそのご家族の立場や視点に立った業務を行える薬剤師を育成すべきという考えがあったとも言われています。

薬剤師として成長を続け、職場や患者さんに必要とされる人材としてスキルアップをしていくためには、幅広い専門知識を習得する努力を続けるだけでなく、人の立場に立って相手が何を求めているかを察する視点や能力が必要となるのです。


2.常に薬剤師として専門知識を蓄積し続けようとする向上心を持つ

薬剤師は幅広い薬学・薬剤に関する知識を有するプロフェッショナルですが、修得した知識や経験を持ち続けることに満足してしまっては、成長がそこで停まってしまい、雇用主や患者さんに必要とされる人材となることはできません。

職場で必要とされる薬剤や業務に関する知識を身に付けるのは当然のことですが、そこで満足してしまっては小さくまとまってしまい、その職場以外で求められることがない薬剤師となってしまいます。


特に専門職である薬剤師の場合は、薬学・薬剤・医療に関する知識の幅や深さを広げることこそがスキルアップに繋がっているため、自分の現状や能力に満足することなく、常に前を向いて勉強を続けて行こうとする姿勢が大切になります。

また、そういった向上心や自己研鑽の気持ちをもつ人材こそが、薬剤師業界では高く評価されるということを忘れてはいけません。


3.注意力を持続でき責任感が強い

薬剤師は人の命を左右しかねない薬剤・薬品を取り扱うだけに、専門知識のみならず、常に細心の注意を維持することができる粘り強さや冷静な判断力が求められます。

また、病院の薬局・薬剤部、門前薬局などでは、短時間の間に多種多様の薬を大量に調剤することになるため、細心の注意力や集中力、機敏さ、迅速さなども求められます。

さらに、どのような職場であっても、まず患者さんの信頼を勝ち取ることが重要となるため、患者さんの要望や希望に応えられるだけの強い責任感、倫理観も必要となります。


薬剤師のスキルアップ



薬剤師は現状需要に対して供給が足りない状態にあるため、就職においては売り手市場、他業種と比較して転職も困難でない状況にあります。しかし、現在の状況は長く続かないと考えられており、近い将来、薬剤師の数が過剰となり、就職や転職の面で厳しい状況となると予測されています。

そのため、将来を見据え今の段階からスキルアップを図り、どのような環境・状況・世相においても「必要とされる人材」となるべく、日々努力を重ねているという方も増えて来ています。


例えば、特別な資格が必要とされない管理薬剤師などはキャリアアップの入り口ともされており、転職を機に管理薬剤師を目指すという方も少なくありません。

管理薬剤師は、薬剤師の資格を持っていれば誰でもなれるチャンスがありますが、実際は実務経験が3年ほど必要とされており、


・薬事法といった法律に関する知識
・新薬に関する知識
・医療事務、レセプト、医療保険などの知識

なども必要となります。


また、職場によっては店舗経営に携わることもあるため、経営者の視点から薬局やドラッグストアを見ることができたり、経営力や管理能力、コミュニケーション能力を磨く機会に恵まれたりもします。

薬剤師としてキャリアアップ、スキルアップをしたいと思い立ったら、まずは管理薬剤師を目標としてみることをおすすめします。


また、一定期間の研修や試験を経て認定される「認定薬剤師」「専門薬剤師」などの資格も、薬剤師としてのランクアップに役立ちます。認定薬剤師や専門薬剤師の研修認定制度は、薬剤師としての客観的評価を高めるだけでなく、生涯学習を行う上で明確な目標・指針となり得ます。

加えて、これらの資格を取得することで患者さんや医療チームのスタッフに信頼される存在になることができる、高度な医療を提供する医療チームの一員として活躍できるなどのメリットもありますので、チャレンジする価値は大いにあるでしょう。

薬剤師に必要な資格やスキルのまとめ

  • 薬剤師になるには6年間の薬学課程を修め、薬剤師国家試験に合格することが必要
  • 薬剤師は薬学・薬剤に関する幅広い専門知識を有することだけでなく、人間力も求められる
  • 管理薬剤師は、薬剤師のスキルアップ、ランクアップの入り口として適している


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ