パート薬剤師

薬剤師として円満に退職するポイント

パート薬剤師求人 ← 薬剤師として円満に退職するポイント



世の中には本当にたくさんの職業がありますね。 それらのどんなお仕事でも、そしてどんな方でも、一度は転職や退職を経験するのではないかと思います。

薬剤師の仕事は、比較的定着率が高く転職や退職が少ないような印象がありますが、さまざまな事情から転職や退職をする方が意外と多いのだそうです。

一般的には病院や処方箋薬局、ドラッグストアといった職場で働くことが多い薬剤師の方は、どんな理由で現在の職場を退職されるのでしょうか。


薬剤師の退職理由は?

結婚や出産を機に



一番代表的な理由としては、『結婚や出産』が挙げられます。

結婚をしてもライフスタイルが変わらなければ、継続して現在の職場で働き続けることが可能ですが、結婚を機に配偶者の田舎に帰ることになったり、女性の場合は「結婚したら家庭を守ってほしい」とご主人にお願いされて、退職するという方も少なくないようです。

例えば、薬剤師の方は医師と結婚するケースも多く、医師は非常にハードな仕事になりますので、家庭をしっかり守るために退職をするというケースが多いのだとか。

また出産となれば、今までと同じ生活は到底できなくなります。フルタイムでないと働けない職場の場合、やむなく退職せざるを得ないということもあるようです。

人間関係の悩み



次に、職場の人間関係に悩み、環境を変えるために退職をする、というケースも多いようです。

薬剤師の方は穏やかな方が多い印象があるので、職場の雰囲気もよさそうな気がしてしまいますが、女性が多い環境ということもあってか、人間関係に悩む方も少なくない様子。

薬剤師は求人情報も多いので、現在の職場で悩みながら働き続けるよりも、思い切って新しい環境にチャレンジしたいという方が多いのもうなずけます。

条件に対する不満、スキルアップを求めて



そのほか、雇用条件や待遇面の悪さから退職を検討するという方、またスキルアップを求めて転職を検討する方もいらっしゃいます。

例えば、本当は土日休みの職場で働きたかったけれど、就職活動中にはさまざまな条件を加味した上で土日休みの職場が見つからなかったので現在の職場に就職した。しかし働きながら求人情報をチェックしていたら、よりよい条件で土日休みの職場が求人していたので、そちらに転職したい、などどいうパターンはよく耳にします。

また今までドラッグストアでお客様に薬のご案内などをしていたが、調剤に関わる仕事がしたいなど、スキルアップを求めて退職するという方も多いです。

このように、さまざまな理由で転職や退職を考える薬剤師さんがいらっしゃるわけですが、どんな理由にせよ現職を円満に退職するという点は誰もが望んでいますし、ぜひ抑えておきたいポイントです。

そこで、薬剤師が現職をより円満に退職する方法についてさまざまな視点から考えてみたいと思います。


薬剤師が現職をより円満に退職する方法



結婚や出産で退職する場合

結婚や出産で退職する場合は、理由として特に引け目を感じる点はありませんので、そのままの理由を説明して退職に進んでよいでしょう。

その際に気をつけるポイントとしては、現在の職場の状態を考慮し、問題のないタイミングで退職の旨を伝えるという点が挙げられます。退職者が相次ぎ、仕事量に対して人員が少なすぎるのに、我関せずで「私も辞めます」では、仕事仲間から快く送り出していただくことは難しいですよね。

人が少ない状態の職場で退職を切り出したい時は、早めに退色の可能性があることを切り出し、人員を獲得してから退職する、くらいのゆとりを持てると理想的です。

薬剤師に限らず、多くの職場では社則などで『退職希望日の1ヶ月前までに退職の旨を伝える』的な決まりがあるかと思います。しかし、実際には1ヶ月前では遅い場合が多く、できれば3ヶ月前には伝えてほしい、という職場も少なくありません。

「自分がいなくなっても職場が困らない状態にしてから去る」のが、円満退職にあたっての大きなポイントとなります。

特に引き継ぎ事項が多い職場では、通常業務を行いながら引き継ぎをしていると1ヶ月では足りないという場合もままあります。引き継ぎを必要とする職場では、より早めに退職の旨を伝えるのがベストです。

人間関係が原因で退職する場合

次に、人間関係に悩んで転職を決意したケースでの円満退職の方法について。こちらはできれば本当の理由は伏せ、「スキルアップしたい」などを理由として退職の旨を伝えるのが無難ではないかと思われます。

人間関係と一言にいってもさまざまなシチュエーションがあり、自分が我慢しながら転職という形をとることで解決できるケースもあれば、悩んだ挙句、心の病を患ってしまい、組合などに補償や何らかの対応を希望しているケースもあるでしょう。

その程度によって状況は変わってきますが、あえて事を荒立てたくない、必ずしも本当の理由を言いたいわけではないのであれば、伏せておいたほうが円満退職という面においては効果的だと思います。

退職の旨を切り出すタイミングは、結婚退職同様職場の状況を把握した上で、ゆとりを持って切り出すのが基本です。

スキルアップを求めて転職する場合

スキルアップを求めての転職についても、職場に問題があったわけではないので理由を伏せる必要はないと思われますが、あまりスキルアップを前面に出しすぎてしまうと、今の職場のレベルが低いという意味に捉えられかねませんので、「ほかにやりたい分野を見つけた」といった形で柔らかに切り出すのがよいでしょう。

また現職場に大きく育てていただいたこと、感謝しているという気持ちをしっかりと表した上での転職であれば、新しい門出を快く送り出してくださるはずです。


注意したい退職マナー



『誰に最初に退職の旨を伝えるべきか』という点についてですが、仲良しの仕事仲間などがいれば、すでにその方々に退職についての話をしている場合も多いかと思います。 しかし一般的には、一番最初に伝えるのは直属の上司です。

これは退職時のマナーのひとつになりますので、ぜひしっかり抑えておきましょう。

ただ、職場の環境などによっては必ずしもそうでない場合もあるようですので、先に退職された方などがいらした際にはその方の退職の流れを見ておき、同じように切り出すのがよいかもしれません。

退職にあたっては、『退職願』を書くケースも多いです。 退職願にはいろいろはフォーマットがあり、自分で用意して書く場合もありますし、会社で退職願が用意されていて、そちらを使用して書く場合もあります。

逆に、退職手続きは必要となるが、退職願の提出は特に必要ないという職場もあるようですので、それぞれの職場に応じた形での手続きをとることになると思われます。

円満退職はメリットがいっぱい!

どのような職場でも、円満に退社し、いつか当時の仕事仲間に会った際には笑顔で挨拶できるような関係で職場を去るのが理想です。

特に薬剤師の場合、たくさんの勉強と努力をして国家資格に合格し、薬剤師として働いてきたので、出産や結婚などで退職をしたとしても、「いつかまた復帰したい」という方も少なくありません。その際に、円満退職であればまた数年後に雇用していただける可能性もあります。

また、現職場の近くに転職をするということになれば、転職後も現職場の方々と会う可能性だってありますし、最近は転職時に全職場にその人の様子を伺うような調査が入ることもあるようですので、どのような形での退職でも、円満退職に越したことはありません。

それに、自分自身が今まで一生懸命働いてきた職場なのですから、最後も気持ちよく、しこりを残さずに去りたいですよね。

ぜひこちらの『円満退職のポイント』を参考にしていただき、現職場の方々に快く送り出していただけるよう、気持ちのよい転職や退職をしていただけたら幸いです。

まとめ

  • 薬剤師の退職理由は、結婚や出産、人間関係や条件の不満、スキルアップ等がある
  • 円満退職のポイントは、タイミングやマナーに注意すること
  • 円満退職は、自分はもちろんお世話になった職場にとってもメリットが大きい
  • 退職について不安や悩みがある方は、転職サイトで相談してみよう


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ