パート薬剤師

公務員薬剤師とは?仕事や給与・年収が知りたい!

パート薬剤師求人 ← 公務員薬剤師とは?仕事や給与・年収が知りたい!



国公立の病院や保健所などの行政機関で働く薬剤師は、公務員扱いとなるため「公務員薬剤師」と呼称されます。

この公務員薬剤師、薬剤師全体から見ても数が少ないため、その実態についてはあまり広く知られていないというのが実情です。

そこで今回は公務員薬剤師の基本的な知識についてご紹介したいと思います。


公務員薬剤師とは

公務員薬剤師とは、その名の通り公務員扱いで働く薬剤師のことを指します。このため「公立病院や国立大学で働く薬剤師=公務員薬剤師」というイメージが強いのですが、実際にはもう少し範囲は広くなっています。

公務員薬剤師の職場



公務員薬剤師が働く職場には、以下のようなものがあります。

国公立病院

高度な専門医療を担う国立病院、地域医療の要となる基幹病院という位置づけの公立病院、これらは公務員薬剤師の勤務先の代表的なものです。

国公立病院における公務員薬剤師の仕事内容は、一般の民間病院の業務と基本的には同じもので、処方箋に基づいた調剤や服薬指導などとなっています。


国公立病院に勤務する薬剤師は公務員扱いとなりますが、勤務先によって公務員試験が課せられる場合と化せられない場合があります。

傾向としては、都道府県立病院の場合は公務員試験合格者が採用対象となり、市町村立の病院では公務員試験の受験の有無は問われないケースが多いようです。

保健所

保健所(保健福祉事務所、保健福祉センター)に勤務する薬剤師も公務員薬剤師となります。保健所薬剤師と呼ばれることもありますが、こちらの方がよく知られているかもしれませんね。

保健所に勤務する薬剤師は、薬剤に関する業務も担当しますが、医師や看護師などと連携し、食品安全や環境衛生、集団検診など幅広い業務に携わり、地域住民の生活と健康をサポートしています。

また、病院や薬局、美容院などの指導、調査、開設許可なども保健所薬剤師の大切な仕事となっています。

地方厚生局(麻薬取締部)

全国各地域には、厚生労働省の地方支部として地方厚生局が設置されていますが、この地方厚生局内の麻薬取締部に麻薬取締官(通称麻薬Gメン)として薬剤師が勤務する場合があります。

麻薬Gメントして勤務する場合、業務は薬物犯罪防止や麻薬監視、薬物乱用防止の啓蒙などが主な業務となります。

また、麻薬取締官は国家公務員となり、特別司法警察の権限も与えられています。薬剤師の職種のなかでも特殊な部類に入ると言えるでしょう。


公務員薬剤師の給与



公務員薬剤師という言葉から「お給料良さそう」というイメージを持つ方も多いかもしれませんね。公務員の給与の現状を見てみましょう。

初任給は民間より低め?

公務員薬剤師の初任給は、民間の病院や薬局勤務と比較して低めに設定されています。

公務員薬剤師の給与は国の人事院によって決定されており、国立病院機構の薬剤師初任給は「2級15俸級」と定められています。ちなみに、人事院勧告を参照すると、初任給は200,800円となっています。


一方、民間勤務の薬剤師の初任給の平均は約264,000円となっており、初任給に限ってみればかなりの差があると言えるでしょう。

しかしながら、公務員の月給は勤務年数を重ねることで順調に伸びていくため、一般的に30代までは民間企業より低いものの、40代以降に徐々に民間企業の平均月収を上まわるとされています。また、公務員薬剤師もこの例に漏れません。


公務員薬剤師のメリット・デメリット



長い不況を経験した日本にあって、安定性を重視し公務員という働き方を希望する薬剤師が増えるのは当然のことだと言えるでしょう。

しかし、公務員薬剤師には民間で働く薬剤師とは異なるメリット・デメリットがあることも事実です。ここでその点を確認してみましょう。

公務員薬剤師のメリット

1.雇用が安定しており、福利厚生が充実している
2.土日祝日の休みが確保できる
3.残業が少ない

公務員薬剤師の大きな魅力は、やはり雇用の安定性と充実した福利厚生にあると言えるでしょう。

薬剤師は他業種と比較して雇用が安定している方だとされてはいますが、今後もこの状況が続く保障はなく、民間勤務の場合はいつ職を失ってもおかしくないという漠然とした不安があるのは事実です。

そういった状況にあって、公務員の雇用の安定性は他にはない強みとなっています。 さらに、公務員は勤続年数と役職によって給与も段階的に上がり、民間のように業績によってボーナスが増減されることもないため、長期的に見ると収入面でも有望です。

加えて、公務員薬剤師は基本的に定時で業務が終了し、緊急を要する場合でない限り残業が課せられることはありません。休日もカレンダー通りとなっており、有給休暇も取得しやすいため、仕事と家庭の両立やプライベートの充実などを叶えられる点も魅力です。

また、公務員薬剤師、特に国公立病院や保健所勤務の薬剤師の場合は転勤はまずなく、同じ職場・地域にじっくりと腰を据えて長い期間働くことができます。一つの職場で長く働きたい方や地域の保健衛生に貢献したい!という方にとっては、メリットが大きい働き方だと言えるでしょう。

公務員薬剤師のデメリット

1.薬剤師としてのスキルアップが難しい場合がある
2.初任給が少ない
3.希望の配属先に行けるとは限らない

国公立病院に勤務する場合は民間病院と業務内容は共通しているため問題は少ないのですが、保健所などで働く場合は薬剤師としてのスキルや経験を磨く機会が少なくなるというのが実情です。

保健所における薬剤師の仕事は、食品安全やプールの水質調査、健康診断や献血の推進や啓蒙など多岐にわたります。しかし、これらの業務で薬剤師のスキルを磨くことができるかというと、そうではないことがほとんどです。


薬剤師としての専門性を高めたい、スキルアップを目指したいという方は、やりがい・モチベーションを保つのも難しいかもしれませんね。実際、公務員薬剤師となったものの、薬剤師としての仕事がしたい!と民間に戻ってしまう方も少なくないようです。

また、公務員薬剤師は初任給や初年度の年収が低い点もデメリットです。30代以降は昇給を重ねることで収入は安定しますが、採用から数年は民間と比較して手取りが少ないため注意が必要です。

そして、意外に知られていないのが希望の配属先に入れるとは限らない、ということです。保健所に配属を希望していても、健康安全センターや食品衛生担当、衛生研究所など、希望と異なる部署に配属されることも珍しくないので覚悟しておくことがが必要です。


公務員薬剤師になるには?



公務員には地方公務員と国家公務員があり、どちらも公務員試験をパスすることが必要なことは皆さんご存じの通りです。

公務員薬剤師となる場合も、基本的に薬剤師の国家資格に加え、公務員試験を突破することが求められます。しかしながら、一部公立病院のように勤務先によっては公務員試験の受験が必須でない場合もありますので、希望する職場がある場合は事前にしっかりと確認しておくことが大切です。


また、ここが重要なのですが「公務員薬剤師の求人は非常に少ない」というのが現実です。薬剤師国家試験と公務員試験をやっとの思いで突破しても、公務員薬剤師の募集が見つけられない……、というケースも少なくないようです。

現実問題として、公務員薬剤師の募集は各都道府県内で平均5~10名程度となっており、公務員試験を通過しても即就職できるという保障がないのが辛いところです。また年齢も関係してきます。


不定期の追加募集や欠員募集が行われる場合もありますが、応募が殺到することが多く、早期募集終了となることも少なくありません。

こういった場合、希少な求人情報を確実に押さえる情報収集能力が問われますので、常日頃から公務員試験の情報サイトや採用情報、薬剤師専用の求人サイトなどを小まめにチェックしておくことを強くおすすめします。


さらに、求人サイトや転職支援サイトのキャリアアドバイザーに「公務員薬剤師の求人が出たら教えて下さい!」と伝えておくと、情報の取りこぼしが少なくなりますので、是非試してみて下さい。


公務員薬剤師とは?のまとめ

  • 公務員薬剤師の主な職場は、国公立病院や保健所などが挙げられる
  • 初任給こそ低めだが、年齢につれて収入はアップする
  • 公務員ならではの手厚い待遇が魅力である
  • 公務員薬剤師の求人は少ないため、求人サイトを利用して探すのがおすすめ


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ